読書記録

読書の備忘録

文系大学院生の就職活動について

 

なんか今日は筆が乗るので、そういえばこれも書いておこうかなというやつも書いておくことにする。

 

文系大学院生の就職活動は、なんだか世間一般的にとても困難がつきものと言われている、気がする。

 

確か私が院に進学する時も、「文系が大学院に進学しても就職活動の時に不利になる」と先輩か誰かに言われた気がする。

 

あとは、なんかどっかのブログでも文系の大学院生は就職活動において差別されるとか書いてあった気がする。

 

あれ、なんか「気がする」ばっかりで申し訳ない。

でも割とこれらは自分の肌感覚で周りの人から言われてきたことだった。

 

それでは、自分が文系大学院生として就職活動をやった結果、どうだったかというと

 

 「別に現状の就職活動において文系の大学院生という属性が理由で、就職活動の選考に落とされるということはない」

 

というのが率直な感想である。

でもこれには幾つかの説明書きが必要になると思う。

この記事にはその事についてざっくばらん書いていきたい。

 

第一に、大学院生とコンサルティングシンクタンク業界の親和性について。

 

私が所属するコースでは、コンサルティングシンクタンク業界に就職する先輩たちが多い。同期を見てもそうだ。

 

一般に、私の所属するコースでは、社会調査などを学ぶことからそのスキルがコンサルティングシンクタンク業界に直結するという言われ方をする。

これは私も否定しない。そうだと思う。

 

実際、私は某大手日系コンサルティング会社にインターンをしたことがあるが、そのインターン同期も会社の先輩も院卒が多かった。それは別にその会社が特別、という訳では無く、他社のコンサルティング会社でも文系院卒はかなり多いというのが実情だと思う。

 

すげーざっくばらんにいうと、大学院生は研究をする上での研究調査の手法が身についている、とか、その研究の専門性がコンサルティングでも生かせるとかいう点がシンクタンクコンサルティング業界の仕事ととても親和性が高いのだと思う。

 

そういえば、以前誰かから「シンクタンクコンサルティング業界は院生の方が有利だけど、他の業界に関しては院生は不利じゃないのかな。だってそれなら学部生時代に就職活動すればいいじゃんって話だし」という話をされた。

 

私も自分が就職活動をするまでは「そうかもなあ」と思っていた。

しかし、実際やってみると

 

別に文系大学院生でもシンクタンクコンサルティング業界以外の業界でも不利に働くことは無い

 

と感じた。

実際に、私はシンクタンクコンサルティング業界ではない全く違う業界の会社に就職するし、同じコースの同期を見ていてもシンクタンクコンサルティング業界からかけ離れた業界に就職する子がちらほらいる。

 

ただ、

 

ただね。

 

シンクタンクコンサルティング業界の方が、同期でも先輩に大学院生は多いから「文系院生」という属性で周りから浮くことはないと思う。

 

普通に考えて、文系大学院生というのは母数集団が極めて少ない。

 

就職活動の一環で死ぬほどアンケートとか企業から書かされたが、

自分の学歴を書く部分で 「大学」 という項目はあっても 「大学院」 という項目が無いアンケートも多々あった(「大学・大学院」という選択肢がある方が少数だった気がする)。

 

私が集団面接とか、グルディスの一環で自己紹介する時も「文系」の「大学院生」と出会うことって殆ど無かった。大半が学部生だった。

(ちなみにいうと、私はこの集団面接とグルディスの時に大学名を言って自己紹介をしなければならないパターンがとても嫌だった。ただでさえ、大学が大学なので周囲から「え?こいつやべえ」という反応に増して、大学院生であることを言うと「文系で大学院生?更にやべえ」という反応が返ってくる。これは本当に面倒くさかった。なので、面接官がいない時は以前在籍していた学部生の時の大学を言ったり、適当に「大学院では教育を専攻していて~」とか、或いは大学院名はあえて言わないようにしていた。)

 

だからまあ、シンクタンクコンサルティング業界の方がね、相対的に驚くほど院生が多い、というよりむしろ学部生がマイノリティレベルなので、「文系大学院生」という属性で浮くことはないと思う。

 

しかし思うに、その「属性」で「浮く」ということがあって居心地が悪い思いをするかっていうと、それは最初の方だけじゃないかなと個人的には思っている。多分働いたら学歴とかあんまり関係なくなるだろう。社会で働いたことは無いが、私は居酒屋のアルバイトで3年間近く働いていて、高校1年生とか専門学生の子とか学歴が全く異なる子とかと働いてきたが、働く上で「学歴」とか正直どうでも良いものとして扱われているのを感じる。結局、仕事が出来るかどうかが大事なのだから、別にそこに「学歴」なんかどうでも良いのだ。

 

第二に、院生の方が逆に研究を話すネタとして使える。

 

私は基本的に就職活動において、「アルバイト」と「修士研究」、それに付随して「海外留学」の経験を話していた。

 

私の場合、学部生の時にサークル活動に特に積極的に従事していた訳ではなかったので、学部3年生の時少しだけ就職活動をしていた時に「アルバイト以外に何を話そうかなあ」と悩んでいた。

 

結局、その後院進学を決めたのだが、院生として就職活動をすることになり「修士研究」を話すネタにすることに決めた。

 

これは割と良い決断だったと思う。

 

修士研究は、割と多くの人がそうだと思うが多くの時間と労力をかけて費やすものである。なので、修士研究関連の話で深堀りをされたとしても、それだけの多くの時間と労力をかけてやってきているから、しつこい深堀りに関しても(個人的には)困ることは殆ど無かった。

 

これで逆に、とてもじゃないがすごい頑張ってたとはいえないサークル活動に関して盛って盛って盛って話すよりは断然にこちらの方が良かったと思う。

 

幸いにして、私の修士研究は割と珍しいテーマだったので、よく人事の人に興味深そうに聞いてもらうことが多々あった。

 

まあ、なので「文系大学院生」という「属性」が就職活動が不利になるということは、私の経験上無かった。

 

だが、しかし。

 

現文系学部生が修士課程に進学して、なおかつ「民間企業」に就職をしたい!と考えているのであれば、私個人的にめちゃくちゃ「これだけはやっておけ!!!!!」というものがある。それは、

 

学部3・4年生の時に、企業訪問と研究やっとけ!

 

だ。

 

何故なら、修士課程の2年の学生はまじで、圧倒的に時間が足りねえからだ。

 

正直これは修士学生が何の調査方法によって研究するかにもよるとは思うのだ。

例えば、歴史研究や統計分析などを用いて修士研究のテーマにするのであれば、もしかしたら恐らく修士2年の4カ月あまりを研究の空白期間にしても問題ないのかもしれない。

 

しかし、私の様な、人を探してインタビューをしたり、特定の場所に入って長期間エスノグラフィーをやる人間、まあつまりいうところの質的研究法によって修士研究を行う学生は就職活動の為に4カ月あまり研究をしないとなると、超焦る。

 

え、これ研究大丈夫カナー

 

とか。

え、これで修士論文とか書けるのカナー

 

とかね。

あと普通に、文系で大学院進学しているということは、それは多分恐らくだが勉強することが割合好きでそういうことに長時間費やしても厭わない学生だろう。そこで、4カ月あまりを就職活動の為に無に帰すと、

 

研究する為に大学院進学したのに、何もこの4カ月何も出来てないじゃん。院進した意味??????????

 

という状態になる。

しかも就職活動を踏まえた文系大学院生は基本的に、修士課程1年でほぼ全ての卒業単位をとろうとする為に、なんかあんまり研究に時間を費やしている感がない(いや、これは私だけかもしれないが)。

 

だからこそ余計に、修士課程2年になり就職活動に入ると、「あれ私の修士研究大丈夫…?」状態になるのだ。

 

しかし、かといって新卒の就職活動を疎かにすることを私はオススメしない。

確かに世間は転職市場が成熟してきて、「会社に合わなければ辞める」時代にこそなっているものの、新卒就職活動の圧倒的なメリットは

 

学生だからこそ、様々な業界の会社が見れる

 

ということである。このことは、就活を通して出会った多くの企業の社員と、既に就職した友人達が口を揃えていうことだ。

 

新卒就職活動ではなく、転職活動をちょっと想像して欲しい。

 

まず、転職活動というのは難しい(らしい。聞いた話であるが)。

何が難しいかというと、働きながら転職活動をすることが、だ。

もし東京勤務であれば、まだましだが

それが地方勤務であった場合、企業の説明会は大体東京とか大阪で行われる訳だから毎回そこまで飛ばなければならないことになる。

また、第二新卒扱いで転職をする気であれば、

説明会は基本的に平日で行われるので現在勤めている会社を有給とって休むかなにかをしなければならない。

そして何より、平日9時ー5時で働きながら、その後、もしくは貴重な土日休みの時に転職活動の準備をするのはどう考えても労力のかかる行為である。

じゃあ現在の仕事を辞めればいいじゃないかという話にもなるが、

まあそれでもいいとは思うのだが転職活動が上手くいくという保証もない中で現在の仕事を辞めるというのは中々リスキーな行為であるといえるだろう。

 

要するに、

新卒就職活動で時間がある時に企業訪問・研究をしておけば

「世の中にどんな企業があるのか」ということを転職活動の時に改めて学ぶ必要は無くなるということだ。(しかも社会人になったら、そう簡単に他社訪問というのは出来なくなる。)

 

あ、それでね(話がずれた)。

新卒就職活動の時にちゃんと企業訪問・研究をしておけという話だが、

それで、文系大学院生が修士課程2年の3月から馬鹿正直に0からやり始めるにはもうあまりにも時間と余裕が無さ過ぎる。ということなのだ。

 

なので、そう考えると相対的に時間と余裕のある学部3・4年生の時にちゃんと企業訪問と研究をやることを私はオススメする。

どうせその時、大半の友だちも就職活動をやっているだろうから、それに合わせて企業訪問とかOBOG訪問とかやっちゃえばよいのだ。

それで「あ~この業界興味あるな~」とか「この業界やっぱ興味ないな~」っていうのを漠然とでいいからわかるようになっておくとよいと思う。

その業界のある会社が気になるのであれば、その時点でその会社を受けても良い訳だし。(別に大学院の修士課程は、今進学しなくても社会人になってから入りなおすことも出来るし)

 

そうすると、修士2年になった時に、受けたい業界・企業も明確になって少しは就活が楽になるんじゃないかなあと思う。(幸いなことに、私も学部生の時に企業研究をちょっとやっていたので、「この会社は興味無かったな~」っていうところは院生の時も説明会を省略させたりすることが出来た)

 

あともう1つやっておいた方が良いなと思うのは、インターン

 

これは別に学部生の時でも良いし、修士課程1年の時でも良い。

これはね、やっておいた方が良いと思う。

その中でも、2週間とかの割と長期間インターンで、実際の仕事に近いことをやらせてもらえるやつが良いと思う。

 

で、何故これが良いのかというと、

その企業とかその仕事に自分が向いているのか向いてないのかが分かるから。だ。

 

私の体験談だと、私は日系大手コンサルティング会社に割と実務を体験するインターンをした。これは本当に良かった。お金もくれたし。

あと何より良かったのは、

「私、コンサルティング会社向いてないな」

 

ってことがハッキリと分かったからだ。

どういう所が向いてないと感じたのかは割愛するとして、これが分かったのはとても大きかった。それまでは、先輩達の多くがコンサルティング会社に行くので自分もまあそっちかなと適当に思っていた。

しかし、コンサルティング会社が向いてないなということが分かったあと、「もの作りをやっている会社」への興味とか「意思決定のサポートじゃなくて、実際に意思決定をする場に関わりたい」という自分の思いとかに気づいて自分なりの就職活動の軸を作り直すことが出来たからだ。

 

なので、インターンはオススメ。

 

あと、ちなみにインターンを受けたことで、早期インターン選考などもある為、志望度が高い会社のインターンは行ってみる価値があると思う。

しかし、インターンをやったからといって、選考に有利になるわけではない。実際に、私はインターンをした会社を本選考で落とされたし。

一方で、インターンからかなり多くの人数の学生を先に囲って採用する企業もある。

なので、まあ結論から言うと、インターンをやることで本選考に有利になる場合とならない場合があるが、どちらにせよ得るものは大きいのでやっておいた方が良いで。

 

ということ。

 

ここからは、文系大学院生の就職活動についてちょっと総括というか、感想?みたいなものを言っておきたい。

 

就職活動において、文系大学院生は、文系大学院生という「属性」というよりかは、文系で大学院進学をする人達の「性格」によって選考を落とされてたのかもしれないなと思った。

 

私もだとは思うのだが、一般的に(こんなざっくりした言い方で申し訳ないが)大学院生は理屈っぽい。し、まあ多くの人が学部生の時に就職をする中で、大学院に進むわけだから、「ちょっと変わってるのかな~」とか「周りと協調性とれんのかなあ」みたいな点で企業の採用側としても「こいつ採用しても会社で上手くやっていけんのかな?」的なことをね、考えて文系院生を落としたりすんのかな、と思う(これは悪魔で私の想像なので、確固たる根拠はないことを先に行っておく)。

 

なので、厳密にいえば選考で落とされているのは、文系大学院生という「属性」ではなく、その文系大学院生になることを「わざわざ」選んだその人自身の「性格」なのではないかと考える。

 

その為、私自身も何回も就職活動の中で尋ねられたが「何故周囲が就職する中で、大学院に進学したのか」を論理的に且つポジティブに伝えることが出来れば良いのだと思う。(ちなみに、私は正直に「もう少し勉強がしたかったから」と答えていた)

 

あと、恐らくなのだが。

もし文系大学院生という「属性」によって、企業の選考で落ちるということが過去の出来事として事実だったとしよう(いや、多分事実だったのだ。)。

 

しかし、恐らくその様な時代はもう終わっている。

何故かというと、現在日本の企業は少子化によって圧倒的に人員が不足しているからだ。

 

圧倒的人員不足な現状において、恐らくだが「文系大学院生だから落とす」ということは言ってられなくなったのだろう。

 

それくらい、現在文系大学院生の就職活動の状況は属性判断されることはほぼなくなったと言っても良いと思う。

 

ただ。(ただただばかり言って申し訳ない)

 

正直、2020年以降の就職活動に関してはどうとも言えないなあと思うのが正直なところだ。

 

オリンピックが終わると、必ず経済は停滞する。

その時に、被害を受けるのは新卒の就活生だ。

その際、文系大学院生という「属性」が再び不利に働くかもしれないということは…まあでもなんともいえないなということである。

 

まあそんな感じです。ざっくばらん。

でもさあ、そんなこと言えるのは、お前が東大の大学院だからじゃね?という反論が来るかもしれない。

でも、東大の文系大学院生といったって、私14社中12社落ちましたけど。

 

あと、もし今でも文系大学院生は「ちょっと…」という会社があったのだとしたら、

その企業は多分遅かれ早かれ潰れると思うので行かない方が良いのではと個人的に思う。

そんな属性判断するような会社に入っても多分楽しくないと思うのだ。うむ。

 

なので、自分が文系大学院生であるという「属性」に不安を抱かず、

民間企業に行きたければ不安がらずに民間企業を受けて欲しいということでした。